G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

2月24日(金) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
1.05ドルの底堅さの意味は大きい

【基調】
堅調

【目先の注目材料】
・米長期金利、独仏長期金利、国際商品市況

【本文】
ユーロ/ドルは、22日に1.049ドル台まで下落して約1ヵ月半ぶりの安値を付けたが、その後は急速に値を戻しており23日には1.059ドル台まで反発した。心理的節目である1.05ドルを割り込んだにもかかわらず、下げが加速しなかった上に、すぐに切り返した意味は大きいと見る。

仏大統領選において、反ユーロを掲げる極右政党「国民戦線」のルペン党首が勝利する可能性が増したとの見方がユーロの重しとなっていたが、5月7日の決選投票まで2ヶ月以上もある事を考えれば、「ルペン・リスク」に備える動きが一気に強まるとは思えず、当面はせいぜい「一喜一憂」のレベルだろう。

足元でトランプ米大統領の税制改革への不透明感からドルが弱含んでいるだけに、目先的にはユーロ/ドルの買戻しが加速してもおかしくない地合いにある。16日高値1.06792ドルを突破できれば「ミニWボトム」が完成するため、この水準を視野に入れた買いが流入する可能性もありそうだ。


バックナンバー(2017年2月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

ヘビートレーダーご紹介キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ